ビューティー授業 最終回課題

服飾専門学校のビューティー授業、最終回となりました。

このクラスは、着物和裁科の生徒さん。

服飾専門学校でも、比較的、控えめな(地味めな?)生徒さんが多いのです。
写真に写るのも「イヤーー」と。

将来は世界に誇る『着物』を仕立てる彼女たちに
生地や刺しゅう、織や柄合わせ等、私には計り知れない着物の御仕立て。

和裁師という国家資格も取得して社会人を目指します。
美に敏感でいて欲しい。纏うお客様が美しく輝くことを想定して仕立てて欲しい。

色彩・ファッション・人の印象・パーソナルカラー・メイク…と授業では勉強してきました。
メイクやファッションに全く興味ない学生もいました。
むしろ、そんなの関係ない??くらいな。(-_-;)

ほぼ、一年前まで高校生だった子たち。

繋がり眉毛だった子。(笑)
ほぼ、スカートをはいたことのない子。

もちろん美に敏感な子もいます。でも和裁を敢えて選択してる子たち。<目立つ>ということではない世界に魅力を感じています。

でも、授業の度に少しづつ意識に変化が出てきました。
私もいつも、派手ではなく華やかを作ろう!!と皆さんにお伝えしています。

最終課題は、テーマを決めて

トータルコーディネート!!

自分自身が課題発表になります。

メイク・ヘア・ファッション・パーソナルカラー
手持ちの物で無理せず。でも、各所のこだわりを説明ができるように発表します。

人の美をサポートするには、自分自身のキレイも知っておいてほしい。

皆さん、家族や友人方の協力も得てお洋服やアクセサリーを貸してもらったり、
ヘアアレンジの得意な子に編み込みをしてもらったり
私も、一時間目はメイクの仕上げや着こなしの仕上げを最終お手伝い。

沢山各自の良さを引き出しました。ポージングも決まりました(^^)
彼女達の将来をずーっと応援していきたいです!

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です