通いたくなる!?歯科医院

以前、医療接遇研修に入らさせていただきました、
所沢 小手指の医療法人社団光志会
『奥原歯科医院』
奥原利樹 院長先生のご著書が間もなくご出版です!

「歯科医志望者が 絶対に知っておくべき32のこと」

1/23 幻冬舎よりご出版です。
先生の医院、何度でもお邪魔したくなってしまいます。。

3階待合室
40名のスタッフの方々が働く、3階立てビル内部はエレベーターの他に
素敵な螺旋階段があり、
各階で、診療内容や患者様の通院状況に合わせ
診療スペースや待合室の設営も雰囲気もガラッと変化します。

どの階も「ぬくもり感」が一杯です。
初めてクリニックを訪問させていただいた時、
奥原院長先生にご案内受けるたび、もう冒険しているようかのワクワク感。
カフェみたいな待合室、お子様が帰りたくなくなること必至の託児室!

完全プライベートの特診室、授乳室、お手洗いはすべて車いす使用となっています。
訪問介護診療はずいぶん以前から率先して活動なさってきました。
歯科キッザニアdayもあります。
「歯科業界に夢と希望を与えられる人間になりたい‥」

と以前からおっしゃていらした奥原先生の渾身のご出版第一弾!!
奥原先生の経営管理や人事等のご苦労のお話も伺っていますが、
いつまでも夢を追い続け、医療や患者様やスタッフへの愛情を持ち続け、
克服しながらカタチになさって行く姿。
奥原利樹先生、これからも目が離せません!!

待合室でプレゼントして下さった
ベット・ミドラー「ローズ」♪ の弾き語り、本当に胸に染み入りました。
医院経営は、経営者=院長先生であればのその個性がそのまま反映されます。
診療理念、先端医療をどこまで追い続けるのか、患者様とのかかわり方、スタッフ採用の基準、診療室の設営イメージ、保険診療か自費診療か。マーケティング。
…さまざまにおけるさじ加減。院長先生の采配がどう功を成すのか。
基本である「できる限り健康でより幸せに生きることを促す医療」を根底に
色々な医院スタイルがあります。それぞれの医院のオリジナルスタイル。
そして、患者様も個性や嗜好も様々です。
ご自身が心も身体も任せて安心で安全で医療を受けることができるのか、
ライフスタイルや個性に合わせて選びやすくあることの大切さもまた感じるところであります。
イメージコンサルタント
医療接遇・美容接遇トレーナー 櫻あさ子
スタイルプラスは、個性を生かした好印象を最大限に活かす人財育成を行っています。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です